【Illustrator】での煙の作り方

Illustrator

今回は、煙の作り方をご紹介します。煙を付けると、上の画像の左の様な表現が可能になります。右に比べてかなり雰囲気が変わっていますが、とても簡単にできます。

では早速作っていきましょう。

◆環境設定

キャンパスサイズは何でもいいですが、私はWeb用最小の横方向で作っていきます。下準備として、長方形ツールで黒い長方形を作り、レイヤーをロックし、新規レイヤーをその上に作成しましょう。

ステップ1 線を引く

ペンツールで下の様な曲線を作り、線の太さを太くします。私は6mmにしました。

ステップ2 ぼかす

効果→ぼかし→ぼかし(ガウス)を選択します。

はい、これでほぼ完成です。

これをコピペしてダイレクト選択ツールで調整すると、

完成です!

これを煙を表現したいイラストにいくつも貼り付けると、記事の最初に示した様にできます。

コメント